Yugoの卓球ブログ

戦術の解説やおすすめのラバー、練習方法をまとめたりしています。初級から上級まで様々な人に役立つ情報をお届けします。

ブログタイトル

【卓球サーブ基本戦術】1球で勝負が決まる戦術

Yugoです('ω')ノ

今回はサーブで得点する方法について書いていきます!

サーブの基本戦術

ここでは主に両面裏裏のドライブマンに対しての戦術を基本とします。

強いサーブを出すには長短、回転量、コース、回転の向きと様々な要素をレベルアップさせる必要があり、なかなか難しいです。しかし、一つ一つのサーブがそれほど強くなくても戦術次第でサーブは得点につながります!

フォア前バックロングで相手を揺さぶれ!

卓球の戦術としては基本中の基本ですね!卓球経験者なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

こちらの戦術はフォア前とバックロングという距離の一番遠いところを攻めていくことによって相手にサーブを読ませない戦術です。

この戦術のいいところはどのサーブも簡単に取り入れられるという点です。例えば次のように攻めていきましょう

  1. 下回転をフォア前に出す
  2. バックロングにスピードのあるナックルを出す!

1球目で相手にフォア前を意識させて2球目でリズムを崩し浮いてきたボールにスマッシュを叩き込みましょう!

真逆の回転で相手を操れ!

真逆といってもただ回転を真反対にすればいいわけじゃないんです。下回転とナックル、ナックルと上回転、順横下回転と逆横下回転といったような組み合わせです。

この組み合わせにどんな意味があるのかというと簡単です。

1球目に出したサーブでは対応できないサーブを出すのです!!

下回転はラケットに当てたら下に落ちていきますよね?ナックルはラケットに当てたらラケットの向いている方向に飛んでいきます。

つまり、2球目にも下回転が来ると思ってラケットを上に向けていたらナックルだったためボールが上に飛んでいくということです!このようにサーブで得点するためには相手の意識を誘導し2球目のサーブで自分の思い通りに操ることが大事になってきます。

勝つためのサービスパターン

フォア前下回転

まず初めに1球目フォア前下回転を出した後の組み合わせを紹介します!

  • バックロングにナックル

先ほど紹介した基本パターンです。このパターンはチキータ対策にもなるのでおすすめです。浮いたボールはすかさずスマッシュです!

  • フォア前にナックル

これは難易度少し高めです。2球目のナックルをどれだけ1球目の下回転のように見せられるかが得点へのカギとなります。コツとしてはナックルのバウンドを下回転と同じにすることです。あなたの下回転サーブがポトポトというバウンドをするのであればナックルもポトポトとしたバウンドにさせましょう。

  • バック前に下回転

下回転を続けて出すパターンです。これは相手の様子を見るときに使うパターンです。相手の弱点を探ったりするときに使いましょう。相手のレシーブに注目です。相手がツッツキをするのかストップをするのか、はたまたチキータを選ぶのかそれによって次のサーブを選びましょう!

フォア前横下回転

つづいて1球目にフォア前横下回転を出した場合のパターンです。

  • バックロングにスピードのあるナックルまたは上回転

このパターンは1球目の横下回転を相手がどう返すのかによって2球目を変えます。もし相手が1球目をドライブで狙ってきたら、2球目はナックルにします。スピードのあるナックルはラバーに引っ掛けるのが難しいため相手はボールを落としてミスしやすいです。また、1球目でフリックを狙ってきたら2球目は上回転です。相手はフリックを打ちたいため高い打点で打とうと早く前に詰めてきます。そこでボールの伸びる上回転をお見舞いすれば相手は成す術なしです。

  • フォア前に逆横下回転

僕のイメージだと巻き込みのほうが効きやすいですね。フォームではあからさまに違うサーブだとわかっていても前の順横下の感覚が残ってて意外とミスしやすいです。単純ですが使えるパターンです。

最後に

サーブ戦術いかがだったでしょうか?

みなさんがこのパターンを参考にしてワンランク上の選手に成長していただければ幸いです。

今回はサーブの1球目2球目の組み合わせ方を話してきましたがこの仕組みは試合全体を通しても言えます。サーブ戦術を組み立ててここぞという場面で一点を勝ち取るのです!

ランキングサイトにブログを登録しました!ランキングが上昇すると、とてもうれしいです!よろしくお願いします!


卓球ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村